Written by nao

ランニングをはじめた時におこる3つの効果

RUNNING

  • ランニングをはじめると、どのような効果があるの?
  • ランニングのダイエット効果は、どのぐらい?
  • ランニングは美容にいいの?

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

・ランニングをはじめたときに体におこる効果をまとめました。
・ランニング時に期待できるダイエット効果
・ランニングは美容にいいのか?

この記事を書いている私は、
ランニング歴は13年、ランニング頻度は、1週間に5日間ほど走っています。

ランニングをはじめたときに体におこる効果をまとめました。

3つの効果

  • 食事がおいしくなる。
  • よく眠れる。
  • 体力がつく。

食事がおいしくなる。

運動することにより、体の栄養素が減少して、
体が食べ物を欲しがっている状態になります。
その結果、食べ物を食べた時に非常においしく感じます。

喉がかわいた状態で飲み物を飲むのと
ものすごくおいしく感じますよね。
のどがかわいたときのビールみたいな感覚です。
同じことが食べ物でおきます。

よく眠れる。

夜のランニングにより、肉体が疲労することで良質の睡眠が期待できます。

日中に体を動かす人は肉体疲労があり、よく眠れると考えられますが、
デスクワークなど体を動かさない人は、頭は疲れていても体は疲れておらず、
夜に眠れないという方がおられます。特にそんな方には、1日の最後にランニングをおすすめします。

体力がつく。

ランニングをすると心肺機能の向上、筋力向上により体力アップが期待出来ます。
駅の階段で息が上がっていた人、少し出かけただけで疲れてしまっていた人も、
ランニングをはじめると自分の体力があがったことを実感できると思います。

同年代の人と出かけると、みんなが疲れたといったタイミングで、
自分は全然疲れていなかったり、もちろん個人差はありますが、
体力が向上していることを感じられるようになります。

ランニング時に期待できるダイエット効果

  • 自分の体重×1kmがおおよそのカロリーです。
  • 体脂肪を1kgを減らすのに必要なカロリー
  • 無理をせずにコツコツと続けることが大事

自分の体重×1kmがおおよそのカロリー

自分の体重×1kmがおおよそのカロリーです。
体重60kgの人が10kmランニングした場合、
60kg×10km=600kcalです。

体脂肪を1kgを減らす為に必要なカロリー

脂肪の1kgのカロリーは、7200kcalといわれています。
従いまして、体重60kgの人が10kmランニングした場合
600kcalなので1kg減らす為には、120kmランニングする必要が
あるといえます。

思ったよりも大変と思われるかもしれません。
1週間で痩せるのはむずかしいですが、3ヶ月であれば、
1回のランニングを5kmとして週に3回ランニングした場合、
約36日×5km=180kmなので1kg以上はダイエットできるといえます。

また、1年間続けた場合は、約144日×5km=720kmなので、
720km÷120km=6なので
6kgのダイエットができるといえます。

無理をせずにコツコツと続けることが大事

長い距離を走れば、走っただけのカロリーを消費しますので、
すぐにダイエット効果が期待できると思われるかもですが、
初心者がいきなり毎日10km走るなどは、私はおすすめしません。

私は、ダイエットは一生するものだと思います。
スタイルの良い人は定期的に運動しているものです。

ランニングは美容にいいのか?

  • 発汗作用により毛穴がきれいになる。
  • 新陳代謝がアップして次々に新しい肌細胞が作られる。

発汗作用により毛穴がきれいになる。

ランニングをすると、大量の汗をかく為、汗をかくことで毛穴の汚れが押し出されて毛穴がきれいなります。
肌表面の毛穴の汚れは洗顔でも落とせますが、ランニングの場合は、毛穴の内側から汚れを押し出すことができるので、
洗顔で落とし切れない部分にも効果が期待出来ます。

新陳代謝がアップして次々に新しい肌細胞が作られる。

ランニングによって血行が良くなると、体の細胞に必要な栄養が運ばれやすく、
細胞が、常に新しいものに生まれ変わる新陳代謝が活発になるといわれています。
その結果、肌の細胞が生まれ変わるスピードも早くなります。

スピードが遅いと、古い細胞が皮膚表面にたまって肌荒れしたり、シミやシワを引き起こす原因となるといわれており、
早くなると、次々に新しい肌細胞が作られるため、肌を若々しく保つことができるといわれています。

以上、ランニングをはじめた時に期待できる効果をまとめてみました。
これからはじめられる方に参考になればと思います。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。